2007年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.29 (Thu)

奈良へ

blo285.jpg

先週の土日、奈良へ行ってきました。
家族旅行ではなく、合唱の発表会があったので、メンバーと一緒に観光バスを貸しきって行ってきたのです。
2年前は、同じ目的で広島でした。
平和記念公園や原爆資料館のある広島は、息子たちを一度は連れて行きたいと思っていたので、わたし個人としては、合唱の発表会よりそちらの方が大きな目的で、バスの長旅の強行軍だったけど、タイとトモと3人で参加したっけなぁ~。
今回は、合唱の練習に出ていないタイはパス。
トモと二人でした。

せっかく奈良へ来たのだからということで、法隆寺をみんなで見学。
もしかしたら、小学校の修学旅行以来だったかもしれません。
カメラも忘れずに持ってきたし、さぁ、日ごろ撮れないでいる分も今日は堪能するぞ~!と思ったら、法隆寺で数枚撮ったところで、なんと電池切れ。
予備の電池は、観光バスの中に置いてきちゃったし、ガビーン!(T-T)
ということで、あんまり撮れなかった写真から一枚。
いろんな人の後姿が、たくさん入っちゃったわ~。(*^^*ゞ

合唱の方は、全国大会だけあって、みなさんすごくお上手。
わたしたちなんて、「小さな子どもから、青年、お父さんお母さんまで一緒の合唱団」ってあんまりないので、おまけで出場を推薦してもらったんじゃないのかなぁ。
でも、大きな家族みたいなあったかい合唱団です。
自慢じゃないけど、自慢です。(笑)
スポンサーサイト
22:24  |  日記  |  コメント(6)

2007.11.22 (Thu)

同じ歌を歌っても、同じ舞台は二度と創れない

blo284.jpg

合唱のコンサートが無事終わりました。
2年に1回の大きなコンサート。
今年は、「ぞうれっしゃがやってきた」でした。
タイとトモとわたしが、初めて舞台に立ったのが7年前。
やっぱり同じ歌でした。
あのときは、トモが年少さんで落ち着きがなく大変な時期でした。
練習にも集中せずにちょこちょこと動き回るトモが気になって気になって、母もまた集中力が途切れたりしてたのだけど。
それでも、1年近くかけて子どもと一緒に練習に通い、発表というひとつのことをやりとげて、感動したものです。

今年のコンサートは、小さな子たちがとってもかわいくて元気で、練習のときからたくさんたくさんパワーをもらって、レッスンに行くのが楽しくて仕方がなかったです。
あのころのトモくらいの小さい子たちなのに、物怖じしないし、おりこうに歌ってるんですよね。
すごいな~。
でも、母としては我が子が気になるのですね。
「子どもが気になって歌に集中できない。」
なんて、若いお母さんたちが話したりするわけですよ。
ああ~、あのころのわたしと同じだなと、思わず思い出話なんかしちゃったり。(*^^*ゞ
指揮者の先生の話にも感動しました。
そういうお母さんたちの気持ちをちゃんと受け止めてくれて、
「子どもが舞台そでで待機しているときに(本当は黙ってなきゃいけないんだけど)しゃべってしまう雑音も、(赤ちゃんを抱いて歌っているお母さんもいたんだけど、その赤ちゃんが泣いちゃったりの)思わぬハプニングも全部含めて、わたしたちの合唱なんです。」
って言ってくださったのです。
どれだけ、気持ちが楽になれたか。
そして、そのぶん、合唱に集中し気持ちを込めて歌うことができたのだから、指揮者の先生は本当にお話上手。
指揮しているときも、うまく歌えると、指揮をしながら左手で小さくOKサインを出してくれるの。
歌ってて、すごくうれしくなるんだよね。
それは、大人も子どもも同じみたいで、みんないきいきと歌えるんだよ。
さすがに本番ではやらないだろうと思ってたら、本番でもOKサインはバンバン出て、本当にステキな指揮者の先生でした。

今年のコンサートは、中学になったタイが合唱の練習に行かなくなってリタイヤ。
だんだんと親と行動をともにすることがなくなっていくのだろうけど、一番いい時期に、親子一緒に大きなことができたこと。
そして、そこにたくさんの仲間たちがいたことは、大きな財産だと思う。
この先、タイやトモが合唱から遠ざかることがあっても、合唱の仲間と一緒に歌って舞台を創り上げたことは心の中に留めておいて欲しいし、わたしは、自分の子ではなくても子どもたちと歌っていきたいなと思うのです、これからも。
21:12  |  日記  |  コメント(6)

2007.11.15 (Thu)

タイとトモのお弁当

blo283.jpg

今日はタイ、明日は、社会科見学でトモが、お弁当の日です。
ちぇっ、同じ日だったらよかったのに~!
でも、考えてみれば、中学も給食があるなんてありがたいことだよね。
わたしが中学のときは毎日お弁当だったし、今だって、中学になったら給食がないという話は聞くもの。
そうだよそうだよ、毎日のことを思えばこれくらい。

それでも、テニスクラブの試合や練習で、タイがお弁当を持っていく日は、1年のときに比べて増えました。
だから、最近は、時間のあるときに、ちょっと日持ちのするお惣菜を作っておくようにしています。
今日のお弁当のいちおしは、レンコンのきんぴら。
鷹の爪も入れて、甘ピリ辛味です。
「レンコンが一番美味しかった!」
とタイ。
そういう感想が、次回への励みなんだよ~。(*^。^*)

明日は、夕飯のハンバーグを作るときに小さめのものも作って焼いておいたので、朝にテリヤキ味をつけ、トモのお弁当に♪


23:27  |  お弁当  |  コメント(6)

2007.11.11 (Sun)

千秋真一と山本勘助

blo282.jpg

早いもので、更新も1週間ぶりになってしまいました。
本題に入る前に、前回の話の続きですが、市の合唱発表会の学校代表にタイたちのクラスが選ばれました。
そして、その発表を聴きに行ってきたのですが、なんと!びっくり!!
タイが千秋さまやってました。
あはは。つまり、指揮をしていたのは、タイでありました。
それで、あんなに「来るな!」って抵抗してたのか・・・。
合唱のことには少々うるさいので、わたしにいろいろ感想を言われたくなかったんだなぁ、きっと。

話は変わって、ちょっと大変なことがあったんです。
土曜日のテニスクラブの練習中に、タイの左目に他の子が打った打球が当たったのです。
軟らかいテニスボールとはいえ、スピードのあるボールをまともにくらったわけで、わたしが迎えに行ったときには、しばらく目を冷やしたそうだけれど、ひどく痛がっているようだったし。
以前、目をぶつけて網膜はく離を起こし、失明しかけたお子さんの話を知っているので、絶対に診てもらったほうがいい!
救急情報センターに電話をしたら、ラッキーにも眼科の専門医がいらしたので、急いでとんでいきました。

診察していただいたら、黒目に傷が入っていると言われました。
今のところ、目の奥の方は大丈夫だと思われるが、詳しい検査も必要だから、傷が少し落ち着く月曜日に検査をすることになりました。
ただ、痛みがどんどんひどくなるようだったら、月曜日を待たずに連絡くださいと言われ・・・。

よほど痛かったのでしょう。
この日は、遅くまでテレビを見るのをあきらめて早く床に入りました。
痛いけど、眠れないほどじゃないようだったし、何よりも、ちゃんと診察してもらったという安堵感がありました。
そして・・・・。

一晩明けたら、痛みがずいぶん軽減したようです。
当分、「風林火山」の山本勘助で登校かな?
黒いカッコイイ眼帯買ってやろうかなぁ。
冗談半分にそんなことを考えてたら、タイが言いました。
「友達からメールがきたから、“明日は眼帯はめて学校へ行くよ。”と返事をしたら、“え?眼帯って、黒?白?”だってサ。オレは海賊じゃないって!」
そうきたか!(笑)
22:49  |  子ども  |  コメント(4)

2007.11.04 (Sun)

それ、ちょっとひどくねー?

最近、子どもたちが意地悪なんです、母に。
先日、タイの通う中学校で、市の合唱発表会の代表を決める校内選考会があったのです。
保護者も聞きに行ってもよかったのに、
「お母さん、来なくていいよ!」
と、冷たいタイ。
いじけて行かなかったら、
「あれ、ホントに来なかったの? あれくらい言ったって、絶対に来ると思ったのに。お母さんは、しつこいから。」
って、ちょっとひどくねー?(タイの口真似で)

トモは、食事をしているときに、
「お兄ちゃん、お父さんとお母さん、どっちが好き? オレは、お父さん。」
なんて言うのよ。
そしたら、タイ、にまっと笑って、
「お父さんだな。」

こんなことも。
「3人家族がよかったなぁ。」
なんて、トモがしみじみと言うので、
「なによそれ、お父さんとお母さんと自分?お兄ちゃんがいない方がいいってこと?」
って、わたしが聞いたら、
「ううん、お父さんとお兄ちゃんとオレの3人家族。」
だっふんだ!

極めつけは、今日の日曜日、なかなか朝食に起きてこないトモに、
「トモー!早く起きてご飯食べてよー。お母さん行くからサー!」
今日は、朝から町内掃除の日で、あわててたんですよ。
そうしたら、
「お母さん、行くってどこへ行くの?天国?」
だって。
地獄と言われないだけ、ましだったのでしょうか!?(T-T)

blo281.jpg

ふーんだ、いいもんねぇ。
手作りの本を見て、現実逃避の母です。チャンチャン。


19:08  |  子ども  |  コメント(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。